あぜ道日誌

ホーム > あぜ道日誌

県内、9日遅れの梅雨入り

DSC_2147.JPG DSC_2146.JPG
DSC_2144.JPG
 気象庁は山形県を含む東北地方南部が21日に梅雨入りしたとみられると発表しました。平年より9日遅いということです。
 しとしと降り続く雨に、咲き始めた紫陽花が生き生きと見えます。一歩郊外に出ると、刈り取り間近の 褐色の麦穂と一段と濃さを増してきた稲の緑が麦雨に煙っています。
 

(2017年6月23日 09:51)

アスク試験田の生育状況(6月20日現在)


気象6月20日.jpgDSC_2133.JPG

6月20日生育.jpg

      夏至の山形は雨が降り続いています。間もなく梅雨入りでしょうか。昨日は最高気温32℃の真夏日だったのに。 
 さて、6月20日現在のアスク試験田の酒米の生育状況ですが、6月に入ってから低温が続いたことから(気象図の黒線)遅れているようです。茎数は平年比84と少なく、葉数は-0.6葉となっています。生育は3日ほどの遅れ となっています。
 県内の「はえぬき」・「つや姫」の生育も茎数が平年比87、葉数は-0.4~-0.6葉で、生育は同じく2~3日の遅れということです(米づくり技術情報№4)。
 このことから、今後の栽培管理は、①茎数が少ないことから引き続き浅水管理で分げつを促進させ、有効茎(穂になる茎)を6月25日までに確保すること、②その後は、落水し作溝・中干しを行い、7月10~15日の穂肥までにはガッチリした茎に育てる、がポイントになります。
 蛇足ながら、試験田から見る月山の残雪は例年よりは多いような気がします。低温の影響でしょうか。

 

 

                          
 

 

(2017年6月21日 10:32)

GAP認証7年目に向けて

DSC_2122.JPG DSC_2127.JPG
一段と緑の濃さを増した酒米の里金山

 酒米の里金山、日に焼けた酒米研究会の皆さんが6月19日、GAP認証に向けての研修会に集いました。
 研究会がG・GAP(グローバルギャップ)の認証を受けたのが平成22年です。全国の酒米産地では初という快挙を成し遂げ、爾来、会員のうち20数名がGAPを実施してきました。
 今、農産物の生産にとって、GAP認証は必須条件になろうとしています。東京オリンピック、パラリンピックの開催を迎え、マスコミの見出しにも”GAP”という用語が頻繁に見られるようになりました。
 金山酒米研究会が逸早くGAPに注目し認証へ向け努力してきたことに改めて敬意を表しますとともに、アスクは今後ともG・GAPに取り組む酒米生産者を支援していきます。

(2017年6月20日 14:17)

山形日本一さくらんぼ祭り賑わう

DSC_2120.JPG     山形日本一さくらんぼ祭りで賑わう旧県庁前広場
DSC_2110.JPG DSC_2117.JPG

 爽やかに晴れわたった6月17~18日、旬を迎えた特産さくらんぼのイベントが県内の各地で開かれました。中でも山形市中心部での「日本一さくらんぼ祭り」では、そうめんの代わりにさくらんぼを流す「流しさくらんぼ」をはじめ、多彩な催し物が繰り広げられ、来場者は17万人とか。
 さくらんぼの旬は短いです。山形のさくらんぼ食べに来てケラッシャイ!。
 

(2017年6月19日 10:45)

山形、さくらんぼ一色に

 山形は夏を迎えたのに、連日低温注意報が出され、梅雨冷えのような天気が続いていますが、6月の山形といえば、”さくらんぼ”(地元ではおうとうとも呼んでいます)です。今日(14日)のNHK総合テレビあさイチでも山形のさくらんぼを紹介していました。
 鈴なりに実った赤い”さくらんぼ”に心がなごみます。紅さやか、佐藤錦、そして紅秀峰とこれから1か月間、山形の里はサクランボ一色に包まれます。
P1050201.JPG P1050200.JPG

(2017年6月14日 10:04)

"ASK愛山"種子生産の田植え

P1050195.JPG P1050196.JPG

 幻の酒米とも呼ばれている酒造好適米品種”ASK愛山”、その愛山をアスク社員が兵庫県小野市の松本栄一さんの田んぼで田植えをしました。なぜ、山形からわざわざ兵庫県まで行って田植えを?と思うかもしれませんが、この事業を始めてもう5年を経過しました。
 ASK愛山は兵庫県で生まれた品種です。アスク試験田に植えると、出穂は9月入るため、山形の気象の下では十分に育つことはできません。そこは適地適作、愛山の生まれ故郷で育み、その優れた特性を退化させずに厳正な種子を生産する、これがアスクの姿勢でもあります。
 昨年選抜した5系統の苗は山形で育て、新幹線で現地に持ち込んでの田植え作業です。順調に育てば9月初めには出穂し、10月半ばには収穫できるでしょう。もちろん、出穂期などの特性調査やイネ刈りにも社員が出向きます。
 ここで生産した種子(原原種)は、来年に松本さんの20アールの田んぼで増殖され(原種)、さらにその種子は再来年に生産者用となります。愛山の酒米としての優れた特性を維持し続けるには種子生産が基本です。そのための地道な取り組みは欠かせません。

(2017年6月12日 11:53)

アスク試験田の生育状況(6月10日現在)

気象図(1).jpg 生育(6月10日).jpg  DSC_2101.JPG
試験田の生育状況           生育調査するアスク若手社員

 5月16日に社員が田植えしたアスク試験田の6月10日(調査日は9日)現在の生育状況は次の通りです。草丈は長く、茎数はかなり少なく、葉数も少なめとなっています。気象図からわかりますように、田植え後は高温で経過しましたが、6月に入り、気温は低く、日照時間は少なく経過しました。このため、深水で管理してきましたが、深水になりすぎたようです。この管理が、気象の影響以上に分げつの発生を抑制し、草丈を徒長気味にしたと思われます(反省・・・・・)。もちろん、生育はこれからの気象推移や管理で大きく変化しますので、今後の栽培管理で回復を図っていきます。
 試験田の生育調査は10日ごとに実施し、その結果は酒米の作柄情報としてできるだけ早く、タイムリーに本ブログから流します。ご活用ください。

(2017年6月12日 10:54)

初夏の置賜盆地

DSC_2076 - コピー.JPG                初夏の飯豊連峰と置賜盆地
DSC_2036.JPG DSC_2063.JPG
霧が晴れた空にくっきりと姿を現わした飯豊連峰と散居集落(飯豊町にて)
DSC_2083.JPG DSC_2073 - コピー.JPG
水鏡のように映える田植えが終わった置賜盆地(南陽市十分一山から)

 6月6日、山形は爽やかに晴れ渡りました。芒種が過ぎ、初夏と呼ぶにはちょっ節が過ぎたような気がしますが、空はまさに初夏。この日の米沢市の最高気温は24.8℃、最低気温は7.1℃、朝方は深い霧に包まれましたが、霧が晴れるや飯豊連峰がその雄大な姿を見せてくれました。田植えが終わったばかりの置賜盆地を撮ってきました。ご覧ください。

(2017年6月 7日 11:34)

イネを低温から守る水管理

P1050189.JPG P1050190.JPG
P1050191.JPG
 6月に入り、梅雨寒むのようなぐずついた天気が続いています。空はどんよりと曇り、試験田に一本植えした苗は強い西風になびいています。
 この時期、イネは活着し”分げつ”が発生し始めています。例年なら、”分げつ”発生を促すには水深を2~3cmの浅水にし日中は止水にします。この方法は水温を上げるのには最適で、分げつの発生を旺盛にするからです。反対に、低温・日照不足で水温が上がらないときは深水にします。
 この指とまれの山口泰弘、平吹正直さんの田んぼでは水を深く湛めイネを低温と風から守っています。このような水管理に効果を発揮するのが雪解けを待っての畔塗りです。畦畔からの漏水を防ぎ、田んぼの水深を保ち、水を温めます。転ばぬ先の畔塗り作業と、一枚一枚の田んぼを回り、きめ細やかな水管理を行うことはイネの生育を調整するための重要な技術なのです。

(2017年6月 5日 11:52)

試験田から月山、蔵王を望む

DSC_2026.JPG DSC_2023.JPG
試験田から月山(左)、蔵王(右)を望む
DSC_2028.JPG
 29日の山形、清々しい晴れ渡った空が広がりました。アスク試験田からは東に蔵王(標高1841m)、西に月山(1984m)を望むことができます。
 太平洋側宮城との県境にそびえる蔵王は新緑に覆われていますが、山形県のど真ん中に立つ月山は中腹まで真っ白な残雪に覆われています。同じ県内の高山ながらこの時期は緑と白の対照的な山の姿をみせています。
 県内の田植えは穏やかな天気に恵まれたこともあってほぼ終了しています。16日に植えたアスク試験田の苗はしっかりと根付き4~5枚目の葉が展開、これからは、夏の日差しを浴び、一日一日逞しく成長して行きます。本ブログには、試験田で育つ酒造好適米品種の成育状況、そして気象状況などを逐次掲載します。ご活用ください。

(2017年5月30日 10:10)
あぜ道日誌
月間アーカイブ