山形市立西小学校3年生"米を見て食べて"

ホームあぜ道日誌 > 山形市立西小学校3年生"米を見て食べて"

 山形市西部の田園地帯の山形市立西小学校の3年生8名が11月2日来社しました。昨年の3年生も訪れ、西小学校と会社はすっかりなじみになっています。
 お米の種類やお米のできるまでを勉強した後、ダブダブの白衣、キャップ姿で精米工場を見学し、ロボットが巧みに米袋を積み重ねる動きに感嘆の声。
 お楽しみのお弁当を開く前には米の食べ比べのテストです。山田錦、つや姫、雪若丸を食べ比べた子供たちは、6名がつや姫、2名が雪若丸がおいしいという評価でした。
 いつもは静かな社内に、”こんにちは”、”お願いします”、”さようなら”などなどの声が響き、社員も子供達から元気をもらいました。来社ありがとう。
DSC_1877.JPG DSC_1878.JPG
来社した生徒と先生の皆さん          よろしくお願いします
DSC_1883.JPG DSC_1885.JPG
ロボットの巧みな動きに!          おいしいお米は?

(2018年11月 2日 14:51)
あぜ道日誌
月間アーカイブ