試験田の苗、やや伸びすぎ

ホームあぜ道日誌 > 試験田の苗、やや伸びすぎ

DSC_1055.JPG DSC_1053.JPG
試験田・平吹正直さんの苗生育  山口泰弘さんの苗生育(プール育苗)
苗.jpg
 

 4月15日に播いたアスク試験田の苗は、出芽後の30℃近い最高気温の影響によって、 種子と第1葉との間が長くなり、やや伸びすぎてしまいました(写真右)。
 イネの葉は、葉身が退化して葉鞘だけの葉のように見えるのが不完全葉、第1葉は葉身の短い葉で、第2葉からイネらしい形の葉となります。なお、不完全葉を第1葉とする数え方もあります(星川清親:イネの生長)。
 試験田の苗は第2葉が抽出中、ハウス内は緑のじゅうたんを敷き詰めたようにも見えます。今日から連休中は気温が高くなるとの予報、ガッチリ育てるためにもこまめな温度管理が欠かせません。

 

(2018年4月28日 10:51)
あぜ道日誌
月間アーカイブ