5mの豪雪を楽しむ

ホームあぜ道日誌 > 5mの豪雪を楽しむ

DSC_0812.JPG寒河江川から月山・湯殿山を眺望(2月23日 西川町大井沢にて)
DSC_0806.JPG DSC_0810.JPG
積雪を測る7mのスケール、黄色い部分が6m   雪回廊(志津にて)
DSC_0804.JPG DSC_0809.JPG
雪旅籠(はたご)製作中の大学生

 月山の麓志津温泉、2月23日の積雪は520cm、最高時には積雪を測る700cmの観測スケールは埋まるほどだったとのこと。この豪雪を逆手にとって楽しもうとするイベントが「雪旅籠(はたご)」です。この日は県内外から集まった大学生達が、電動ノコギリなどを使い雪像を制作していました。夜には、雪像に灯された2000本ものろうそくの明かりが幻想的な光景を浮かび上がらせます。なお、3月2~4日にも開催されますので、山形の晩冬の景色を楽しんではいかがでしょうか。


 

(2018年2月26日 10:41)
あぜ道日誌
月間アーカイブ