山酒4号(玉苗)、第5回銘酒まつり

ホームあぜ道日誌 > 山酒4号(玉苗)、第5回銘酒まつり

P1050507.JPGホスト役の河北酒米研究会の皆さん
P1050502.JPG P1050506.JPG

 2月24日、山形県河北町どんがホールで酒造好適米”山酒4号(玉苗)”の生産者(河北酒米研究会 奥山喜男会長)と町民が交流を深める”第5回全国銘酒まつり”が開かれました。山酒4号(玉苗)が醸す
☆吟醸酒華味之至(日本清酒:北海道) ☆大吟醸吟星四十(墨廼江酒造:宮城県)
☆純米大吟醸玉苗(秀鳳酒造場:山形県)☆裏雅山流極華(新藤酒造店:山形県)
☆大盃特別純米吾妻玉苗(牧野酒造:群馬県)
☆純米吟醸酒田むら(田村酒造場:東京都)
☆帝松プレミアム純米大吟醸生原酒(松岡醸造:埼玉県)
☆山吹極 純米無濾過原酒山酒4号(朝日川酒造:山形県)
☆米心技 吟醸酒山酒4号(朝日川酒造:山形県)
のほか雪女神、酒未来、出羽燦々、山田錦、改良信交、亀の尾が醸す全国12の蔵元の銘酒を町民が飲みかわしました。
 ホスト役はもちろん研究会の皆さんです。酒の肴には奥山会長手製の秘伝豆の湯豆腐、カラオケに手拍子を打ちながら、和気あいあいの楽しいひと時を過ごしました。
 玉苗の評価は、秀鳳酒造場が純米大吟醸の部で最高金賞を受賞するなど高まっています。今年も、研究会は高品質の山酒4号(玉苗)づくりに汗を流します。  
 

(2018年2月26日 11:39)
あぜ道日誌
月間アーカイブ