"初冬"の置賜盆地

ホームあぜ道日誌 > "初冬"の置賜盆地

DSC_0640 - コピー.JPG霧の晴れ間に雄大な姿を表した大朝日岳(南陽市十分一山より)
DSC_0626.JPG DSC_0637.JPG
白竜湖からの飯豊連峰(かすかに上に見える) 濃霧の置賜盆地

 今朝の山形は冷え込みました。県南、置賜盆地では米沢市が-3.1℃、高畠町が-3.5℃と今季最低となりました。盆地一帯は濃霧にすっぽりと包みこまれ、昼過ぎになっても晴れませんでした。それでもわずかな晴れ間から飯豊連峰、西吾妻山など2000m級の山々がうっすらとその姿を表しています。対照的なのが大朝日岳、真っ青な空に雪化粧の険しい山容を見せています。標高250m近い置賜盆地ならではの初冬の風景です。
 小春日和は今日まで、明日からの天気予報は雪だるまマークが並んでいます。置賜盆地はこれから3月まで2mもの深い雪に覆われる日々が続きます。

(2017年11月28日 15:36)
あぜ道日誌
月間アーカイブ