アスクの取組

ホーム活動報告アスクの取組 > GLOBAL G.A.P. 抜き打ち審査

GLOBAL G.A.P. 抜き打ち審査

 アスク稲作研究会のGLOBAL G.A.P.認証取得については、「あぜ道日誌 (2015年3月

15日)」に記載していますが、GLOBAL G.A.P.取得後にも抜き打ち審査があります。

審査を受ける方には、原則48時間前に連絡が行きます。今回は、5月7日(木)に河北町の

奥山農園さんで行われました。

 審査の流れは、オープニングミーティングの後、書類審査、作業場や圃場審査、審査後

のミーティングを行いました。

 G.GAP 抜き打ち審査 2015.5.7 ①.JPG G.GAP 抜き打ち審査 2015.5.7 ②.JPG G.GAP 抜き打ち審査 2015.5.7 ⑥.JPG

 上位(上位項目は100%実施必要)の指摘はありませんでしたが、下位(下位項目は95%

実施必要)や推奨(必須項目はないが、実施が望ましい項目)の指摘はありました。

 例えば、計量器や温度計が正しく作動しているのかを確認し、記録する。航空防除等の

業務委託する際は、委託先にどの程度詳細な記録と書類提出を求めるのか。トイレに石鹸

又はアルコールを置く。有機資材(鶏糞)の安全証明書(抗生物質含有の有無等)を保管等。

 今回の審査対象外でしたが、事務局にも指摘を頂きました。

 項目の追加や各自に合わせた帳票類の修正、研修会等の年間スケジュール作成、

情報共有の仕組み作り、第三者が初見で分かる様に帳票類を改定、各委託先と連携等。   

G.GAP 抜き打ち審査 2015.5.7 ③.JPG G.GAP 抜き打ち審査 2015.5.7 ④.JPG G.GAP 抜き打ち審査 2015.5.7 ⑤.JPG 

 是正期間は、1ヶ月です。今後も改善と実践を積み上げて行きます。

                                                                                    A.I.                                                                                 

(2015年5月12日 15:40)
月間アーカイブ