事業内容

 株式会社アスクは、毎日の食卓に並ぶ主食米と、日本酒の原料となる酒米(さかまい)を中心に取扱い、日本の食文化に「主食」と「原料」から貢献している山形の米専門商社です。農業の豊かな発展と良質のお米をお客様に提供することを使命とし、厳しい品質管理体制の下で米の生産から精米、搗精(とうせい)加工(※)、販売に至るまで、責任を持って誠実に対応しています。 安全で安心な美味しいお米をお届けすると共に、あらゆるお客様のニーズにお応えできる企業を目指した事業展開を推進しています。

※ 搗精とは

精米と同じ意。日本酒の雑味の原因となるタンパク質や脂肪等は玄米の外側部分に多く含まれることから、それらの成分を減らすべく玄米を磨き、削り込む精米加工のことを指します。削った後に残った精白米は、搗精歩合(%)で表わされます。

酒米事業

日本酒の原料となる米、特に酒造りの専用品種である酒造好適米を積極的に取扱い、山形県産はもとより各産地の優良銘柄を全国の酒蔵に提供しています。 搗精加工においては、最新鋭の設備と技術によって実現する高度精白米を中心に、全農の酒造用加工用米の指定搗精工場としての重責を担っています。

米穀事業

山形県産米を中心に主食用うるち米、もち米、米菓や味噌等の原料用米を全国の米穀卸、米穀小売店、及び食品加工工場に提供しています。 自社内に農産物検査員を置き、生産農家から委託された米の品位格付検査を行っています。

食品事業

本社併設の店舗で白米、玄米(白米、玄米共に量り売り可)、日本酒、食品の小売り販売を行っています。またカタログやインターネットショップを通して、全国のお客様に山形の特産物(米、日本酒、果物、漬物等)の販売を行っています。

主食米事業

山形県産銘柄米を中心に全国各地の飲食店様、量販店様に、安全・安心な美味しい自社精米の販売を行っています。 関東営業所では、山形県産米の良さを多くのお客様に知っていただくために、コールセンターより商品のご案内や新商品のご提案等を行っています。

インド事業

株式会社アスクでは現地法人アスクインディアを設立し、インドにおける日本米の栽培と普及に尽力しています。「美味しい日本の米をインドの人たちに」を胸に、現地の方々と一緒に汗水流しながらゼロからの米作りに励んでいます。現地に自社精米工場を建設し、収穫した日本米を精米販売することを目標とした事業展開をしています。