光の春、月、金輝く

ホームあぜ道日誌 > 光の春、月、金輝く

P1070171.JPG2月1日未明、月と金星輝く(山形市にて)積雪深(1月31日).jpg

 新年を迎えたと思ったら、もう2月、早いものです。少しずつ長くなる陽に光の春到来を感じます。2月1日の未明、氷点下3度に冷えた山形市から、一瞬の雲の切れ間に月と金星が並んで輝いている夜景を目にすることが出来ました。早起きは一文の得というところでしょうか。
 さて、県内の雪、大蔵村肘折の249cmを最高に、西川町大井沢205cm、尾花沢市139cm、小国町131cm(いずれも1月31日現在)など、平年並みの積雪深となっています。このまま穏やかに冬が過ぎ去るとは思いませんが。
 各酒米産地から送られてきたサンプルの品質調査はほぼ終了し、休む間もなく31年の作付に向けての種子準備などが始まります。
 


 

(2019年2月 1日 10:14)
あぜ道日誌
月間アーカイブ