アスク試験田、平年より3日早い出穂期

ホームあぜ道日誌 > アスク試験田、平年より3日早い出穂期

7月気象図.jpgP1050653.JPGP1050654.JPGP1050655.JPGP1050656.JPGP1050657.JPG

 山形も猛暑が続いています。7月31日の山形市の最高気温は36.2℃、今日、8月1日は37℃と予報されています。上の気象図からもわかりますように、7月の平均気温は平年より3.5℃高く(黒線)、日照時間は150%(茶色縦棒)多く経過しました。この暑さで、アスク試験田の酒造好適米7品種全てが平年より3日早く、7月中に穂が出そろいました。8月の気温も高めと予報されています。
 猛暑は一般米では背白粒、基部未熟粒などのシラタ米の発生、酒米では腹白型の心白が多くなり乳白状を呈するなど、玄米品質を低下させます。これを軽減する決め手が出穂後の水管理ですが、一部地域では水不足が懸念されています。一日も早く猛暑が治まることを願うしかありません。

(2018年8月 1日 10:51)
あぜ道日誌
月間アーカイブ