初夏の最上川"滔々"

ホームあぜ道日誌 > 初夏の最上川"滔々"

”雪解けの水を集めて早し最上川”。福島県境にその源を発し、県内を224km縦断、日本海へと流れ込む最上川、初夏を迎えると、その豊富な水は田んぼへと一斉に注がれます。山形のおいしい米を育む、まさに”母なる川”なのです。滔々と流れる初夏の最上川をご覧ください。
DSC_1177 - コピー.JPG DSC_1165 - コピー.JPG
村山市大淀                戸沢村白糸の滝 
DSC_1151 - コピー.JPG DSC_1148 - コピー.JPG
最上峡谷から庄内平野へ(庄内町清川)
 

(2018年5月12日 11:32)
あぜ道日誌
月間アーカイブ