寒空の下、"薬師祭植木"

ホームあぜ道日誌 > 寒空の下、"薬師祭植木"

DSC_1097.JPG DSC_1095.JPG

 ここ数日、山形の空はすっきりしません。最高気温が12~13℃(平年21℃)と低く、3月下旬並みの寒空が続いています。この寒空の下で、400年以上もの歴史がある薬師祭植木市が8日から開かれています。例年なら、爽やかな五月晴れに恵まtれ大勢の人で賑わうのですが、この悪天候で、400店もの露店が軒を連ねる沿道は盛り上がらないようです。
 それでも、傘をさしながら道行く人は、青々とした木々、色鮮やかなツツジ、母の日に向けカーネーションなどの花々を楽しみながら、春から初夏への季節の移ろいを感じていました。
DSC_1099.JPG DSC_1100.JPG DSC_1102.JPG 
 

(2018年5月10日 10:45)
あぜ道日誌
月間アーカイブ