早春の花々妍を競う

ホームあぜ道日誌 > 早春の花々妍を競う

DSC_0986.JPG残雪の蔵王を背景に早春の花々が妍を競う(松ケ丘公園にて)
DSC_0978.JPG DSC_0979.JPG
桜花は咲き始め

 昨日は二十四節気の一つ清明。春の花々が咲き始め、万物が生き生きしてくるころとされています。アスクの近くの公園では、白梅、紅梅、サンシュウなどの早春の花々が残雪の蔵王山を背景に、妍を競うかのように咲き誇っています。そしてこれらの花を追うかのように桜の開花が4月4日、平年より11日も早まりました。この記録は1953(昭和28年)からの観測史上で2002(平成14年)4月3日に次いで2番目に早い記録とのこと。
 今日6日は花冷え、週末は雪模様と予報されています。山形の桜の見ごろは来週というところでしょうか。
 

(2018年4月 6日 12:36)
あぜ道日誌
月間アーカイブ