インドハリアナ州のあぜ道から(11)

ホームあぜ道日誌 > インドハリアナ州のあぜ道から(11)

カイタル出穂予測.jpg

 IMG_2763.JPG IMG_2765.JPG
IMG_2758.JPG

  ハリアナ州 カイタルは暑くなってきました。4月中旬に入ってからは40℃近い最高気温が連日続いています。ところが最低気温は20℃前後、日中は猛暑でも夜はしのぎやすいようです(気温データはKaithlから100kmほど北のPatialaでの測定)
 4月23日に生育状況の写真が送られてきました。前回の3月30日の生育に比べ、一段と大きくなっていることがわかります。そろそろ出穂を迎えるのではと思っています。その根拠は日平均気温の積算値です。
 山形で「はえぬき」を5月15日に田植えすると、8月5日頃出穂します。この間の毎日の平均気温を積算するとほぼ1700℃です。この出穂特性がカイタルでも同様に発揮されるとすれば、田植した2月21日からの気温を積算すると、4月30日頃には1700℃に到達します。このことから5月上旬には穂が出そろうのでないか、と予測しています。ただ、写真からもわかりますように、試験田間、試験田内での圃場ムラが大きいため、一斉にきれいに出そろうとはならないでしょう。次回に送られてくる報告が予測どおりなのか、楽しみです。
                                  

(2018年4月24日 10:04)
あぜ道日誌
月間アーカイブ