インドハリアナ州のあぜ道から(9)

ホームあぜ道日誌インド > インドハリアナ州のあぜ道から(9)

(3.22)インド生育.jpg ハリアナ州カイタルで2月22日田植えをし、1か月過ぎた3月22日現在の生育状況の写真と、この間の気温データが現地から送られてきました。
  それによると、最高気温は平均で26.3℃、ちょうど山形の6月というところでしょうか。最低気温は平均12.7℃と低く、一日の気温較差は13.6℃と大きいことがわかります。天気は30日間のうち、晴れ(sunny)が8日、一時曇り(partly cloudy)が6日、雨と曇り(cloudy with a rain)が2日、そしてHazy Shade of Winterが14日でした。
 生育状況は、写真のように試験圃場でそれぞれ異なりますが、草丈は平均すると20cm。メモには、K1~K3、K5圃場はSatisfactory growth of paddy plants、 K4圃場はRice plant tip becomeing dry & yellow とのことです。なお、カイタルより北のデヘラドゥ-ンの棚田での生育(D1)はK1~K5よりは良好に見えます。Good growth of paddy plantsとメモされています。
 このように、現地圃場の生育状況は、定期的に送られてくる情報でパソコン上からある程度は把握できますが、ハリアナ州で実際に育っている「はえぬき」を目の当たりにし、触ってみて、田んぼに入って確かめないと・・・・・との不安はあります。次回はどんな写真が送られてくるでしょうか。
  (もっとも回数の多かった天気、Hazy Shade of Winter とは?直訳すれば、冬のようにどんよりとした空、それとも冬の陽炎との訳もあるので、陽炎heat weaveが発生するほどの晴れて強い日差しということになるのでしょうか)

,

 

(2018年3月27日 10:38)
あぜ道日誌
月間アーカイブ