月山に冬の訪れ、県内冷え込む

ホームあぜ道日誌 > 月山に冬の訪れ、県内冷え込む

DSC_0444.JPG DSC_0448.JPG
 初冠雪を眺望(左:アスク屋上にて 右:山形市郊外にて)
DSC_0449.JPG DSC_0462.JPG
朝の冷え込みで一段と黄色を増す     夕暮れの月山

 山形地方気象台は5日、月山(1984m)の初冠雪を観測したと発表しました。平年(10月18日)より13日早く、昨年(同25日)より20日早いとのこと。頂上が白くなっているのはアスクの屋上からも眺望できました。
 ここ数日、朝方は冷え込み、今日6日も山間部の大蔵村肘折で3.9℃、西川町で4.1℃と今季一番の寒さになりました。刈り取りを終えない田んぼはこの低温で一段と黄色味を増しています。
 

(2017年10月 6日 10:37)
あぜ道日誌
月間アーカイブ