雨に煙る 紫陽花

ホームあぜ道日誌 > 雨に煙る 紫陽花

             DSC_2189 - コピー.JPG

 山形市西郊外に建つ出塩文殊堂、地元では通称あじさい寺と呼んでいます。境内には40種2000株もの紫陽花が雨に煙る杉木立のなかで、ひっそりと咲いています。
 アスク試験田の酒米の生育は、茎の数が最高に達し、葉色はSPAD値で41とやや濃く、これまで遅れ気味だった生育は挽回したようです。間もなく、稲の生育は茎を増やし続けてきた栄養成長から、幼穂が生まれる生殖生長へと切り替わります。
DSC_2196.JPG DSC_2199.JPG
      葉色の測定

 

(2017年7月 5日 13:56)
あぜ道日誌
月間アーカイブ