酒造好適米の栽培テキスト(2014版)

ホームあぜ道日誌 > 酒造好適米の栽培テキスト(2014版)

 ASK作研究会「この指とまれ」の酒造好適米の栽培テキストがアスクホームページでリニュアルされました。
 テキストに掲載している数々の図表や写真は、アスク試験田、この指とまれ、山酒4号研究会、そして金山酒米研究会というの生産の現場で、10年間にわたって調査したデータを解析しとりまとめたものです。
 テキストの内容は、2011年版(平成23年11月)と同様にASK稲作研究会が取り組んでいる「羽州誉」、「龍の落とし子」、「山酒4号(玉苗」、「酒未来」の栽培法が主となっていますが、「出羽燦々」など、他の酒造好適米品種の栽培にも適用できるでしょう。
 また、酒米の玄米品質の3要素である粒の大きさ(千粒重)、心白、タンパク質含有率が施肥法などの栽培要因でどう変動するのか、気象、とりわけ気温との関係でどう変動するのかなどについても記載されています。
 ホームページのこの欄に目を通していただき、高品質酒米の生産に役立てていただければ幸いです。
1テキスト.jpg

2テキスト.jpg

(2014年10月17日 11:07)
あぜ道日誌
月間アーカイブ